Splashtop Remote Desktopを購入してみた

iPhoneアプリのSplashtop Remoteはすでに使ったことがあったのですが、如何せんiPhoneの小さな画面でMac or PCを操作するのには限界があり、手元のMacBook Airから、日本の実家のPCにリモート接続できればと思い、Mac App Storeで購入してみました。通常価格19.99ドルのところ、現在セール価格の6.99ドル(600円)で販売されています。

Splashtop Remote Desktop App
カテゴリ: ビジネス
価格: ¥600

 

実家のPCに、LogMeInのクライアントソフトは入れていたので、まずはiPhoneのLogMeInでアクセス。新たにSplashtopのクライアントを入れて、MacBook Airからアクセスしてみました。

Googleアカウントやセキュリティーキー等を設定して、いざ接続!

Splashtop1

おぉ〜っ、繋がりましたね。

Splashtop2

我がブログも日本でちゃんと表示されています(当たり前か)。

中国からはアクセスできないTwitterサイトにも、このようにアクセスできます。

Splashtop3

ただし、動作はものすごくモッサリです。海外から接続していることも関係しているのかもしれませんが、カーソルはかなりのテンポ遅れて追従してくる感じなので、操作には時間がかかりますし慣れも必要で、これには少々がっかり。

でもそうは言っても、iPhoneよりも画面の大きいMacからリモートできるのはやはり見やすいですし、意外とキーボードからの入力(日本語を含めて)が普通にできたのは驚きでした。

あと、マシンパワーを必要とするためか、リモート中はMacBook Airのファンが勢いよく回りっぱなしでした。

正直、このレスポンスでこのアプリに600円払うのはちょっともったいないかなぁと感じました。画面は小さいけど、iPhoneアプリのSplashtopでも十分かな。iPhoneアプリの方は85円だし。

Splashtop Remote Desktop for iPhone & iPod App
カテゴリ: ビジネス
価格: ¥85

 

Splashtop4こちらのスクリーンショットは、iPhoneアプリのSplashtopから、実家のPCに接続しているところです。

中国からは見れないYouTubeも一応見れます。

動作もMac版から操作するより速い?!

ただ、日本語入力の方は、なかなか思うように行きませんでした。

本格的にリモート使うんなら、やはりiPad等のタブレットからアクセスするのがベストのようですね。

あ〜、やっぱり新しいiPad欲しい。中国での発売まで待つか、次の帰国まではどうにもなりませんが…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする