海外でバックアップ環境を整えるのは大変!ーその1

MacBook Airのバックアップは、Mac miniにOS X Lion Serverを入れているので、Mac miniに外付けHDDを接続し、Time Machine Serverを有効にしてMac mini+外付けHDDをTime Capsule化してバックアップを取っていました、日本では。。。

OS X Lion Server App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥4,300
ところが、日本から持ち込んだ外付けHDDは100Vにしか対応していません! 海外の電圧に対応していない日本製の電化製品を中国(220V)などで使用する場合には変圧器が必要になってきます。

わざわざ変圧器を買ってまでバックアップすることもないだろうと半ば諦めかけていたのですが、中国へ渡って2ヶ月、さすがにバックアップを取っていない状況がこれだけ続くと、「もし何かあったら…」と考えるようになり、このままでは精神衛生上よくありません。

そんな時、ある日本製の家電を使用するためどうしても変圧器が必要な状況になりました。

IMG_5311

それで今日、古北にあるリサイクルショップ福九善(フクゼン)で、1000W対応の変圧器を買ってきました(外付けHDDだけだったら200Wタイプでよかったんでしょうけど、メインの用途は別の家電製品にあったので、1000Wタイプにしました)。

 

1000W型はそれなりに大きく、そして重いです。体重計で測ったところ5Kgもありました。Mac miniのとなりに置くと、どれくらいの大きさかが分かると思います。

IMG_2202 IMG_2213

ちなみに、交換用フューズと1年間の保証もついています。前面にメインスイッチとコンセント2口(右側は中国によくある穴が3つあるタイプの差し込み口)、後面にはインプット220Vと100Vの切り換えスイッチがありますので、逆に中国製品を日本で使うことも可能なようです(たぶん無いけど…)。

IMG_2210 IMG_2211

さて、変圧器を通して外付けHDDのスイッチオン、無事にTime Machineでバックアップを取れるのか、また別の機会にエントリしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする