iOS 6へのアップデートを促す通知

昼過ぎに未アップデートのままのiPhone 4を見たところ、「ソフトウェア・アップデート」のポップアップが。

http://farm9.staticflickr.com/8318/8028927892_7af1d0e52a_n.jpg

iOS 5以降、MacやPCへの接続無しのワイヤレスで、ソフトウェア・アップデートできるようになったiOSデバイスですが、今回はいろいろな事情があって(マップ問題も含めて)わたしは様子見中でした。

いつもは新しいiOSがリリースされると速効でアップデートするので気付かなかったのですが、アップデートしてない端末にはこんな通知が出るんですね。

http://farm9.staticflickr.com/8451/8028932335_513fdc69e4_n.jpg

アップデータもすでにダウンロード済みになっていました。あとはインストールするのみ。非常に分かりやすいインターフェイスだと思いました。

わたしと妻は日本にいる70代の親それぞれにiPadを持たせて、Skypeでやり取りしているのですが、今後はフォトストリームの共有を使い、こちらの写真などを簡単に日本の親にも見せたいと思っています。

Dropboxの共有フォルダを使って写真を送ったこともあったのですが、70代の親たちにとって、iOSアプリのDropboxの使い方はちょっと難しかったようで、今は使っていません。

さてフォトストリームの共有を使うためには、まず親のiPadをiOS 6にアップデートしなくてはならないのですが、おそらく親たちにとってアップデートって何? どうやってやるの?っていう世界だと思います。

もしこれで手順が複雑だったら、Skype使ってこちらから指示出すのも大変ですし、何より親が「もういい、分からんから止める。帰省した時にやって」となりそうです。

でもアップデータは自動でダウンロード済み、インストールボタンをタップするだけなら、うちの親たちにもできそうです(笑)

週末にでも親たちに連絡してiPadをiOS 6にアップデートしてもらい、フォトストリームの共有機能をぜひ試してみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする