iPhone、iPadケースの衝撃的な売り方

以前にも、ここ中国上海ではiPhone・iPadなどのケースが、路上や屋台などで販売されていることをお伝えしたことがあります。

今日、実に衝撃的な光景を目撃しました。場所は地下鉄1号線、徐家汇駅地下街の一角です。

13051501.jpg

何と!こんな感じで、とにかく床に無造作にiPhoneやらiPadやらのケースがちりばめられていました。

もう一度言いますが、ここは地下鉄駅構内の通路です。向かい側にはパン屋さんとかが普通に営業しています。

上の方に写っているテーブルには、フィルム貼りの若いお兄ちゃんが座っています。iPadで何か見ていました。仕事する気は全然無さそうです。

13051502.jpg

さてどれくらいとっ散らかしているかといいますと… →

うへぇ〜 大量にばらまかれています。

一応は商品なんだから、少しはきれいに並べて、見てもらおう買ってもらおう、という気は無いのでしょうかね、彼らには。

せめてiPhone用とiPad用は分けるとか、色を分けるとか何とか、幾らでもやりようはあると思うのですが。

おそらくは、風呂敷包みから広げてそのまま営業、というスタイルなんでしょう。確かにこれだったら、立ち退き要請があっても、またすぐ風呂敷を丸めて移動すればいいだけですからラクチンといえばラクチンです。

あー、興味深いものを見せてもらったと、その場を立ち去ろうとしたその時

バキィッ!

という鈍い音が。向かい側から歩いてきたおじちゃんが、ケータイで話しながら歩いていたからでしょうか? 足下を見ていなかったせいで商品を思いっきり踏んづけていました。

パン屋のスタッフも、やっちゃった、という感じで笑って見ています。

で、店員?というか売り子のお姉ちゃんが怒るかなぁ〜と見ていたら、全くそちらの方に見向きもしないんです。iPhone・iPadのケースなんてゴミ同然、ということなんでしょうか???

踏んづけたおじちゃんも何食わぬ顔で通り過ぎていきました。何なんでしょう、この殺伐とした風景は。。。

———-

久しぶりの投稿(WordPressへの移行に関連して二つほどエントリしたけど)が、どーでもいい内容になってしまったことをお許しください(^^;

さて、MarsEditからも投稿できるようになったみたいなので、これからはちゃんとAppleネタをエントリできるようにしたいと思います。

最後にお願いがあります。SeeSaaブログの時から独自ドメインで運用していたので、ブログのアドレス http://blog.shapingguo.com は変わりませんが、RSSフィードのアドレスが変わってしまいました。

新しいフィードのアドレスは、http://blog.shapingguo.com/feed/ になります。もしよろしければ、登録の変更もよろしくお願いいたします。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする