iPhone、iPadのフイルム貼り屋さん

すでに何度も触れていますが、ここ中国・上海では至るところでiPhoneやiPadのケースが売られています。それこそ地下鉄駅の出入り口や路上などどこででも。そして多くの場合フィルムも貼ってくれます。もちろん有料ですが…

上海の西側を浦西(puxi:プーシー)と呼び、その中でも特に日本人が多い古北(gubei:グーベイ)という地区があります。先日はその最寄り駅となる、地下鉄10号線水城路駅出入り口のところでこのような屋台を見かけました。

13051801.JPG

日本語で書いてありますね。「シール貼りのプロ 」!だそうです。この場所での商売は日本人も対象ということなのでしょう。

さて今日雨の中、再び古北に行ったのですが、さすがに雨の日はやってないだろうと思ったら…

13051802.jpg

場所はちょっと違って、カルフールへ向かう途中のDVD屋さん前のあたりでしたが、このように大きなテントの下でやってました。本当に商魂たくましいと感じました。

もしかしたら湿度が高い雨天の方が、フィルムにホコリが付着しにくいので作業もしやすいのかもしれません。しかしまぁ、彼らはプロですから、雨だろうが晴れだろうが関係なくキレイに貼ってくれるのでしょうけど。

念のためiPadの値段を聞いてみたところ、iPad miniで60元、普通のiPadで100元ということでした。もちろんフィルム代込みです。おじさん、少しは日本語できるようです。ちなみにメニューはこのようになっています。

13051803.jpg

値切ればもう少しは安くなるのかもしれませんが、わたしは自分のiPad miniにすでにフィルムを貼っているので交渉しませんでした。あと古北近辺はもしかしたら日本人を含めた外国人価格なのかもしれません。

「カードの切る」っていうのが面白いですね。普通のSIMカードからminiSIM、microSIMにカットしてくれるんだと思うのですが、幾らで切ってくれるのかな? 今度機会があったら聞いてみたいと思います。

ちなみにうちの知り合いは、日本でSIMフリー化したDoCoMoのスマートフォンに、路上で買った中国移動のSIMカードを自分でハサミで切って問題なく使えています(笑) でも自信がない人はこういうとことで切ってもらうといいかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする