紅米2にSIMカードを2枚刺してみた

せっかく「双卡双待」つまりSIMカード2枚刺し、同時待ち受けできる機種なので、

中国移動(チャイナ・モバイル)と中国联通(チャイナ・ユニコム)のSIMカードを両方刺してみました。

ついでにmicroSDも(笑)

IMG_0631

移动のカードは2G(GSM)で、联通のカードは4G(LTE)です。問題なく認識します。

Screenshot_2015-01-15-22-43-57

アンテナが2つ表示されます。画面の状況によってキャリア名が表示されたりされなかったり…

Screenshot_2015-01-14-19-36-03

電話も短信(ショートメール)もどちらの回線を使うか選択できるようになっています。

Screenshot_2015-01-14-19-41-49 Screenshot_2015-01-14-19-42-07

仕事用とプライベート用という感じに使い分けるには便利そうです。

設定画面からはSIMの確認ができます。項目の下の方にある「上网」とはインターネットのことですが、わたしの紅米2は中国联通版で联通の4G LTEが使えるので、ここは当然中国联通を選んでおく必要があります。

Screenshot_2015-01-15-22-44-44 Screenshot_2015-01-15-22-45-24
小米から、また新しい機種「小米Note」というハイスペックな端末がでましたが、こちらはかなり本気な作りで、お値段も2299元(2015/1/16現在のレートで約4万3000円)、顶配版に至っては3299元(約6万2000円)とそれなりにします。

それに対して「紅米2」は700元(約14000円)というお手軽価格で手に入ります。

実用性もあり、かつおもちゃ感覚で遊べる「RedMi 2」がお買い得なのではないかと個人的には思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. qiaoben より:

    はじめまして。
    紅米2の記事がめずらしくコメさせていただきました。
    この端末ははテザリング可能なのでしょうか?

    • wonda4 より:

      qiaobenさん、コメントありがとうございます!
      紅米2ですが調べてみたところ、设置(設定)→其他连接方式(その他の接続方法)→ 网络共享(インターネット共有)と進むとテザリングできるようになっていました。USBでもWi-FiでもBluetoothでもテザリング出来そうです。
      また何かお知りになりたい点があれば遠慮なくお尋ねください。
      では。。。

      • qiaoben より:

        ありがとうございます。
        仕事で毎月一度、イーウー・広州に行くことがあり、用意した次第です。
        いつもは日本でルーターレンタルするのですが、遅くて高いので現地simに、挑戦してみますw