余ったAirMac Expressの活用法

新しい無線LANルータの導入で、これまで使っていたAirMac Express(第2世代)が余ってしまったわけですが…

使わないで放置するのももったいないので、AirPlay専用中継器として再生しようと思います。

Apple

AirPlay を使って iPhone、iPad、または iPod touch からコンテンツをワイヤレスでストリーミングする

image

  1. まずAirMac Expressを初期化(ハードリセット)します。コンセントに繋いで、本体底面にあるスイッチをクリップの先か何かで長押しし、本体のステータスランプがオレンジ色に素早く点滅し出したら初期化完了です。IMG_2235
  2. 次にMacからでもiOS端末からでもどちらからでもOKなのですが、「AirMacユーティリティ」アプリを使って中継器としての設定をしていきます。わたしはiPhoneからおこないました。
    AirMacユーティリティ App
    カテゴリ: ユーティリティ
    価格: 無料

  3. 「新しいAIRMACベースステーションを設定…」をタップIMG_2226
  4. AirMac設定の画面で「その他のオプション」を選択IMG_2227
  5. 「既存のネットワークに追加」を選択IMG_2228
  6. 接続先で接続したい親機のアクセスポイントを選んで「次へ」をタップIMG_2229
  7. 間違いがなければ「次へ」IMG_2230
  8. パスワードを保存するか聞いてくるので「保存」を選択IMG_2231
  9. 既存のネットワークに接続する設定が始まるので少し待つと…IMG_2232
  10. 既存のネットワークに接続しました、のメッセージが表示されるので「完了」をタップIMG_2234
  11. 中継器の設定はできたので、あとはAirPlayの準備です。AirMac Expressに繋ぐスピーカーは何でもいいのですが、うちにはちょうどLOGICOOL ステレオスピーカー Z120BWがあったので繋いでみます。
    このスピーカーはネット上で何年か前、安いのに結構よい音がすると話題になっていた製品です。電源はUSBから取るのですが、AirMac Expressのプリンタ用USBポートがまさにこれにピッタリ。
    IMG_2221 
  12. コンセントに繋いでステータスランプが緑の点灯に変わったら、iPhone・iPadの「Remote」アプリからMac miniのiTunesライブラリをコントロールしてみます。AirPlayのスピーカーを選択。これでAirMac Expressをワイヤレススピーカーとして再生できました。IMG_2215Remote App
    カテゴリ: エンターテインメント
    価格: 無料

IMG_2240 IMG_2241 IMG_2242

Mac miniとは別の部屋に設置することで、iTunesの膨大なライブラリをiPhone片手でコントロールできてしまう、

実に素晴らしいシステムの完成です(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする