紅米2を日本語化してみた

紅米2を日本語化してみました。

と言っても日本語に対応しているアプリで表示が日本語になるだけなのですが…

redmi2lang7

一部のアプリの名前が中国語から日本語に変わっている

redmi2lang8

「Google playストア」アプリ内のメニューも中国語から日本語に変わった

やり方は「小龍茶館」さんの記事を参考にさせていただきました。

記事では「RedMi Note(紅米 Note)」ですが、「RedMi 2(紅米2)」でも全く同じ手順でできました。かなり詳しく解説されているのでここで手順は割愛し、気になったことだけメモしておきます。

  1. 手順が大変な割に日本語になる部分は限られている(最初に書いた通り、システムとかは日本語にならず英語になる。「Morelocale2」で日本語表示に変わるのは、日本語に対応したアプリのみ。)
  2. 大陸からの場合、VPN環境が必須(Google Playストアに繋いで「Morelocale2」をダウンロードするため)
  3. root化によるリスクが伴う

redmi2lang4 redmi2lang1

あとその他の注意点として、MIUIの開発者バージョンをダウンロードする時、自分の端末(紅米2の場合、移动版 / 联通・电信版)を間違わないこと、「小米手机助手」でドライバーをインストールしたり、「刷机精灵」を使ってroot化する時に一発で成功しなかったりしたので根気が必要ということでしょうか(あくまでもわたしの場合ですが。ちなみにこれらの作業はMac上のWindows仮想環境でも出来ました)。

redmi2root1 redmi2root2

結論として、「紅米2」をroot化し「Morelocale2」によって日本語化するのは、リスクが伴う割に大変で効果も薄いのでやらない方がいいということです。

むしろ、以前書いた「日本語入力を可能にする」だけで十分かと思います。

紅米2の日本語化を検討されている方のご参考になれば。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ukp_simple より:

    私の場合は、1年前に紅米1をROOT化せずに、SDKを入れてコマンドから書き換えて、Morelocale2での日本語化に成功しました。

    私も同じくMacから行い、こちらを参考にしました。
    http://shimajiro-mobiler.net/2013/12/26/post21988/

    紅米1に開発版ROMを入れた際にも、もう一度行いましたが、容量を食うROOTアプリを入れるよりはこの方法のほうが早くて確実という感じですよ。