マクドナルドのタッチパネル注文システム

中国でマクドナルドは「麦当劳(マイ・ダン・ラオ)」といいまして、まぁ至る所にあるわけです。

いろいろ問題もありましたし、上海ではマクドナルドより安い食べ物もたくさんありますので最近は利用を控えていたのですが、リニアモーターカーの始発駅でもある「龙阳路」の店に寄ったら、タッチパネル式の注文システムが設置されていたので利用してみました。

IMG_2829

注文の仕方は簡単で、画面を見ながらセットならセットの内容、単品なら食べたい商品を選んでいきます。セットを選んだ後から単品を追加することも可能。

追加しながら料金を確認できますし、ドリンクをデフォルトのコーラからキャンペーンのドリンクに変更したらプラス何元という風に表示されるのでとても分かりやすいです。

IMG_2828 IMG_2830

注文内容を確認してOKであれば決済するのですが、決済は銀行カードのみでその他の決済システム、例えば支付宝とかには対応していません。

IMG_2831

カードリーダーに「刷卡」して(銀行カードを読み込ませて)、パスワードを入力し確定したら注文完了です。

注文番号がプリントされた伝票が出力されますので、それを持って受け取りカウンターのモニターに自分の番号が表示されるのを待ちます。

番号が表示されたら店員に伝票を見せて商品を受け取って終わりです。

初めて利用してみて、注文の列に並ばなくてもいいですし小銭も増えないので(カード決済なので)とてもいいサービスだと思いました。それから店員に注文の時、中国語の発音が悪くて「はぁ?」って言われないくて済むメリットもあります(笑)

「龙阳路(ロンヤンルー)」の 麦当劳はいつも人でごった返しているので、タッチパネルでサクサクっと注文できるのはありがたいです。他のマクドにもどんどん採用されるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする