広島風お好み焼きとタイムラプス

大阪人にとってお好み焼きはソウルフード!

お好み焼きがご飯のおかずっていうくらい生活に根付いた食べ物ですが、せっかく広島に行ったので

本場の広島風お好み焼きを食べてみました。

泊まったホテルのフロントの方に、どこかお薦めはありますか?と聞いたら…

「わたしはここをお薦めします!」

とハッキリ言われたので、その言葉を信じてその店に行くことにしました。

今回事前の下調べもせず広島に乗り込んだので、どの店に行けばいいのか全く分からなかったのですが、こうやって「わたしはのお薦めは…」と言われると、地元の人からお墨付きをもらった気がして、安心して行くことができました。

さて店内はカウンターのみで、10人も入ればいっぱいの広さです。でも目の前で焼いてくれると美味しさも倍増しますね(笑)

わたしたちは一番奥の席に座ったのですが、「焼いているところを写真撮らせてもらっていいですか?」と、うちの妻が中国人ばりの厚かましさでお願いしたら(笑)、お店の方も快く許可してくれました。

ついでにタイムラプスまで撮らせてもらっちゃいました(笑)

お好みはもちろん美味しかったのですが、それ以上にお店の人とのやり取りの中で、観光案内もしてくれたりYiCameraに興味を示してくれたりというのが心地よい体験ができた良いお店でした。

やはり地元のいい店は地元の人が一番良く知っていますね。

食べログもいいけど、下調べせず現地の人に聞いて決める旅もいいもんです。

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする