交通カードを失くしたので上海交通卡アプリで残高を確認してみた

つい最近バスに交通カードを忘れてきてしまいました

image

珍しく座席が空いていたので座ったのですが、おそらくポケットに入れず膝の上に置いたか股に挟むかしたのを忘れてしまい、そのまま降りたのだと思います。(上の写真ではケースにICOCAが入っていますが、実際はこのケースに上海交通カードを入れたまま忘れてきてしまいました。)

上海生活3年半、交通カードを失くしたのは初めてでショックです。

さて、交通カードの残高を「上海交通卡」というアプリで確認できることをご存知でしょうか?

上海交通卡官方版 App
カテゴリ: ライフスタイル
価格: 無料

このアプリを使って失くした交通カードに幾ら残っていたか調べてみます。

まず「交通卡信息」か「“ETC”信息」かが選択できるようになっているのでもちろん「公交卡」を選択。

image

その後「余额查询」のところに、自分の交通カード番号を入力して検索します(わたしは失くす前から登録していた)。

image

すると「我的」のところでカードの残高を確認することができます。

image

75元…

さらに表示されている残高をタップすると、先月の利用履歴が表示されます。

image

何に幾ら使ったかだけでなく、どれだけ割り引かれたかも分かるようになっています。

失くしたカードの場合、8月の消費額は281.2元で、81.8元割り引かれたということですね。約30%値引きされていた事になります。結構大きいですね。

交通カードは使えば使うほど割引率が高くなると聴いたことがあります。長年使ってきたカードを失くしたのは何とも痛い。また一からスタートです。

あとチャージ額が切れてしまうと(つまりカードの残高が尽きてマイナスになってしまうと)、割引率はリセットされてしまうようなので、チャージが切れないよう早めにチャージしておくのも大事です。

1時間ほど経ってからカードを忘れたことに気が付いて、降りたのが终点站、つまり終点だったので、取り敢えず忘れ物として届いていないか確認しに事務所に行ってみました。車掌が乗っているタイプの公交车だったので、終点で乗客を全て降ろしたあと掃除している時に見つけてくれてるのではないかと淡い期待を抱いて…

事務所にいた女性は、わたしが1時間くらいにバスを降りたこと、車掌が男性だったことから該当するバスを割り出し、座っていた席がどの辺りだったかを確認した上で車掌に連絡してくれたのですが、案の定そのような忘れ物はないとのことでした。

カードケースには名刺も入れていたので、もし見つかったら連絡して欲しいとだけ伝えておきました。たぶん、というか絶対戻ってこないでしょうけど。

まぁ、できるだけのことはしたので、75元の残高と割引率は悔しいですけど諦めることにします。

交通カードを失くすとまず出てこないこと、あと「上海公交卡」アプリは残高確認に便利、というお話でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする