ペン先の細いスタイラス、プリンストンのPSA-TPA2

Amazonのタイムセールで「プリンストン スマートフォン・タブレット用アクティブスタイラス PSA-TPA2SV(シルバー)」を購入、一時帰国していた妻にハンドキャリーしてもらいました(笑)

image image

このスタイラスペンの特徴はペン先が細いこと。その細さはわずか2mm!

単4電池駆動で自ら静電気を発生させる仕組みです。

image

わたしはiPadで文章に線を引いたり書き込みをすることが多いので、ペン先の細いスタイラスには以前から興味がありました。

これまでは「Su-Pen mini」を使っていたのですが、どうしても細い作業には限界があります。

新しく購入するにしても、ペン先の細いスタイラスは値段が高いし… という固定概念でいたのですが、たまたまAmazonのタイムセールを覗いたところ、通常3972円のこの製品が2980円で出ていたのでポチってしまいました^^;

さて、1週間ほど使ってみた感想ですが…

確かにペン先は細くて大体狙ったところをポイントできるのですが、何せペン先が硬い!

iPadの画面に触れるたびにコツコツ音がします(笑)

これがなかなか慣れません。もう少しペン先が柔らかい素材だったらもっと自然な書き味が得られると思いますが、そこは構造上仕方がないところなのだと思います。

あと、わたしは左利きなので文字の出方に幾分不自然さを感じました。もちろん製品は右利き用に最適化されているでしょうからそれは仕方がないのですが、今後この手の製品を選ぶ際、利き手を選ぶことができるのかも左利きにとって重要なチェックポイントになるな、と感じました。

新しく出る「iPad Pro」専用の「Apple Pencil」は、マイノリティーな左利きにも対応しているのでしょうか? 気になるところです。まぁ買うことはないんですけどね 0rz

ペン先を保護するキャップのような機構があった方がいいなと思いましたし、電源スイッチONの状態で常時LEDが点灯しているのもウザいので消灯できる機能も欲しかったですし、ペンには何の突起もなくコロコロ転がるのでペンクリップでもあったらよかったなとも思いました。

なんだか不満点ばかり書いてしまいましたね💦

ただ、ペン先の細いスタイラスとしてはコストパフォーマンスの高い製品ではないかと思いますので、ここで書いたようなマイナスポイントが気にならないようなら、ペン先の細いスタイラスを探している方にとって十分選択候補に入る商品になるかと思います。

  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする