YunBike(云马C1 电单车)のスペック等について

昨日の投稿に引き続き「YunBike(云马C1 电单车)」ネタになります。

image

一度気になり出したら止まらない質でして…

先ずは形と色について

image image image
image image

「小米智能家庭」アプリからは5色2タイプが選べるようになっています。

  • フレームが黒、バッテリー部がオレンジのクラッシックタイプ
  • フレーム、バッテリー部が共に白のクラッシックタイプ
  • フレームが赤、バッテリー部が白のミニベロタイプ
  • フレームが白、バッテリー部がピンクのミニベロタイプ
  • フレームがオレンジ、バッテリー部が白のクラッシックタイプ(小米智能家庭アプリから予約の特別色で、数量限定のようです。)

以上5種類です。ちなみにクラッシックと表現したのはアプリ内では「男」!って書いてありますが、フレームの跨ぐ部分が真っ直ぐになっているタイプ。一方ミニベロというのはアプリ内では「女」となっていて、跨ぐ部分が斜めになっているタイプです。

本体重量、大きさについて

  • 重量:16㎏(電池含む)
  • 大きさ:1510㎜ × 560㎜ × 850㎜
  • タイヤサイズ:20インチ
  • 最大積載量:120㎏
image

動力、電池、航続距離について

  • モーター:YUNBIKE 36V 180W
  • 電池:サムスン 5.2ah
  • 航続距離:最大75㎞ 最短25㎞(アシスト無しで電動バイクとして走った場合)
  • 充電時間:2.5-3時間
  • 走行モード:5段階(電動アシスト0%、25%、50%、75%、100%)

image image

その他、気になる点について

  • 3軸加速度センサーと3個のジャイロスコープで傾斜を感知し、10%の勾配まで最適にアシスト

image

  • iOS,AndroidアプリとBluetooth接続し、バッテリー残量や走行距離を確認可能

image

智行车 – 出行、快乐、智慧生活 App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料

  • 鍵やケータイホルダーなどの付属品

image

他にも気になるところはありますが、「YunBike」がどんな物かだいたい伝わったのではないかと思います。

電動だけで25キロ走れたら、近所に買い物に行くにはまぁ十分かと。充電足りなくなったらカフェかどこかで2、3時間休憩して、また25キロ走るという使い方もできなくはなさそう。

う〜ん、ますます気になってきました(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする