Macにインストールしているアプリの一覧リストを作る方法

Macにインストールしたアプリの一覧リストをどうやったら簡単に作れるか?

メモにちまちま書き出していくのは面倒ですよね?!

わたしは「Finder」の「アプリケーション」をスクリーンショットに撮って記録することにしました。

all_app1

しかしアプリの本数が多いと,1画面に全てのアプリを収め切ることができません。

そんな時はFinderの表示方法を変更してみましょう。

まずはFinderのウィンドウを最大化もしくはフルスクリーン表示にします。

all_app2

一度に表示できる領域を増やしたいのでサイドバーも隠してしまいます。(メニューの「表示」>「サイドバーを隠す)

all_app3

次にメニュバーの「表示」>「表示オプションの表示 ⌘J」と進み…

all_app4

アイコンサイズやグリッド間隔を調整してみましょう。

うちのMacBook Proの場合,アイコンサイズを小さくするだけで1画面に収まりました。

all_app5

もしそれでも入り切らなかったら,テキストサイズやラベルの位置を変更してみてください。

all_app6

ちなみに,アプリケーションフォルダに入っている全てのアプリのうち,Apple純正やiLifeやiWorks(今はそういう言い方しない?)を除いた数は50本前後でした。意外と大したことないなぁ〜

all_app7

これくらいの本数なら,表示方法のちょっとした変更で問題なく1画面に収め切れることが分かりました。

しかしそれでも収まらなかったら,RetinaディスプレイのMacをお使いの場合,「設定」>「ディスプレイ」>「解像度:変更」で「スペースを拡大」すると1画面に収まるかもしれません。

all_app8

試しにやってみたら,あと更に50本は表示できそうな勢いでした(笑)

all_app9

このスクショファイルをUSBメモリか何かに入れておけば,とりあえずインストールしたアプリのリストはできたことになります。

さて本当に問題なのは,これらのアプリに設定した細かい情報の方です。アプリごとにいろいろカスタマイズしていますからね〜。それらは少しずつ思い出しながら設定し直していくしかありません (-。-;

あっ,そもそもなぜアプリのリストが必要になったかといえば…

最近「MacBook Pro」の調子が悪いんです,とにかくよく落ちまくる。

image image

Finderでファイルを連続してプレビューしているだけで落ちる,iMovieでファイルをブラウズするだけで落ちる,ブラウザーで高速スルクロールしていて落ちることもある。

ディスクユーティリティからFirst Aidを実行してもエラーは表示されないし,PRAMリセットを試すも症状の改善はなし。

これはもうOS Xを再インストールするしかないかと。。。

どうせ再インストールするなら,バックアップからの復元ではなく,綺麗さっぱり最初から環境を構築し直したいと思っています。

そこで現在インストールしているアプリのリストが必要になったというわけです。

何時やってくるか分からないMacの不調。またクリーンインストールからの環境再構築に備えて,インストールしたアプリの一覧や設定情報は,何らかの方法で記録しておいた方がいいと感じた今日この頃です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする