6月7日に小米手环2(Mi Band 2)が発売されるらしい

miband2_1

わたしも愛用している「小米手环(Mi Band)」ですが,1週間後の6月7日に第2世代が発売されるようです。

結局Mi Band(小米手环)も購入しちゃった
シャオミのフィットネストラッカー「Mi Band(小米手环)」を買いました。    相変わらずパッケージはしっかりしているシャオミ製品。 ...

検索したら日本語で情報を発信しているところがあまり無さそうだったので(需要ない?)共有しておこうと思います。

まず「小米手环(Mi Band)」について簡単におさらいしておくと,中国のスマホブランド「小米(Xiaomi,シャオミー)」が販売している格安のフィットネストラッカー(スマートバンドとかライフログバンドとか活動量計とか… いろんな呼び方がありますが)のことです。

miband

ベーシックなタイプが69元(約1,200円),心拍数も測れる上位版が99元(約1,700円)という,ライフログツール界における価格破壊モデルです(笑)

できることは歩数のカウント,睡眠時間と状態の記録,心拍数の計測(上位版のみ)が基本機能で,他にも振動で電話着信を通知したり,振動で目覚まししたり,シャオミースマホの場合は近づくだけでロックの解除なんかもできちゃたりします。

そして価格以外のもう一つの売りが,バッテリーが長持ちするということ。

標準版の場合,30日バッテリーが持つと謳っていますが実際それくらい持ちます。「光感版(Mi Band Pulse)」はウェブサイトによると10日みたいです。

わたしがMi Bandを愛用しているのもここが大きい。必要最小限のシンプル機能かつバッテリー長持ちで付けているのを忘れるくらい。

image image

この「付けているのを忘れるくらい」というのがウェアラブル端末には重要な要素ではないかと思うのです。

…と前置きが長くなってしまいましたが,その「小米手环(Mi Band)」に後継機種,「小米手环2(Mi Band 2)」が出るというのです。これは期待せずにはいられない。

miband2_6

5月26日付「微信(WeChat)」の「小米手环」アカウントに流れてきた文面の一部は次の通り。

雷军在直播小米无人机发布的时候透露,小米手环2将在6月7日开售,可能会提前几天发布,也可能直接上架。

(シャオミのCEOレイ・ジュンは,シャオミー・ドローン発表の生放送の中で,Mi Band 2を6月7日から発売することを明らかにした。おそらく数日前には(正式)発表して,当日出荷することができるだろう。)

どんな新しい機能が追加されるのか今のところはっきりしたことは言えませんが,下の写真から時刻表示機能が付くことは間違いなさそうです。

miband2_5

心拍数(Pulse)計測機能も標準で付くのでしょうか? 下の写真からはそのように見えます。

miband2_7

バンドが現行版と互換性があるかどうかについて,写真からするとサイズ感は現行版と一緒のように見えます。

miband2_4

上の写真とCEOが付けている写真とを見比べると,液晶表示が異なっているところが気になりますが… 少なくともレイ・ジュンCEOが身に付けているものは本物のプロトタイプと思われます。

あと問題は値段とバッテリーの持ちですね。

もしこの機能でバッテリーの持ちが良く,値段も安ければ爆発的に売れるかもしれないですね〜

個人的な希望としては,iPhoneからも各種通知(と言っても初代MiBandの場合振動するだけでしたが)に対応して欲しいといった点でしょうか。

何れにしても正式発表そしてリリースが楽しみです! 詳細が明らかになったらまた取り上げたいと思います。

Mi Fit App
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
価格: 無料

  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする