上海で高級機ばかりを視聴できるマニアックな店舗

earsight

先日偶然知り合った中国人が「エドフォン?」のお店で働いているということで、ちょっとのぞいて来ました。

  • EarSight(壹视听)
  • 地址(住所):上海市杨浦区大学路61号7楼
  • 电话号码(電話番号):4008-334-556

場所は地下鉄10号線「五角场」という繁華街の次の駅、「江湾体育场」から徒歩10分くらいのところにあります。詳しくは上記のウェブサイトでご確認ください。「江湾体育场」は「南京东路」から数えると北に9つ目の駅なので、日本人にはあまり馴染みのない地区かも。

彼が「エドホン、エドホン」と言っていたので、何か新しいブランド? 「江戸ホン」?と思いましたがそんなブランドはなく、「ヘッドホン」のことでした(笑)

IMG_5085 IMG_5087

高級ヘッドホン・イヤホンがたくさん展示されています。今日はオーバヘッドタイプは「SENNHEISER、ゼンハイザー」と「SHURE、シュアー」のヘッドホンを試聴させてもらいました。

IMG_5084 IMG_5083

わたくし恥ずかしながら、ヘッドフォンやイヤフォンには詳しくないのですが、下の画像のイヤフォンを自分のiPhoneに繋いで視聴してみたら、余りの音の良さ(平べったい表現ですいません)に感動してしまいました! このイヤホンは本当に凄いです!!

IMG_5088

ちなみにお値段は約8000元(日本円で12万円強)!!!だそうです。庶民にはとうてい手の届かない価格…

このイヤホンのブランド名が分からなかったのですが、あとで調べてみたら「Campfire Audio(キャンプファイヤー オーディオ)」というアメリカのメーカーで、職人によるハンドメイド製造のイヤホンだったみたいです。

金属筐体の色からして「ANDROMEDA」という同ブランドのフラッグシップモデルだったのかもしれません。

そりゃー、100元や200元のBluetoothイヤホンとは違うはずです。っていうか、そもそも比べたらいけませんね(・・;)

1MOREの有線から無線イヤホンへ変更
1MOREの有線イヤホンをダメにしてしまったことを、ひとつ前にエントリしました。 新たに、同じ1MOREの無線Bluetoothイヤホン...

さらにハイレゾプレーヤーも各種取り揃えていて視聴させてもらえます。

本当にいい音を追求するなら、ヘッドホン・イヤホンだけでなく、プレーヤーや音源にもこだわる必要があるのかもしれません。

IMG_5089

ただ、キャンプファイヤーオーディオのイヤホンに関しては、わたしのiPhoneに入っている、iTunesから転送した何の変哲も無いAAC形式(ビットレートも普通)の音源でも、恐ろしいぐらい別世界の音に変わりました。

とにかく、どれくらい音が違うのかは(安物のイヤホンと比べてどれくらい音が変わるのかは)実際に聴いてみなければ分かりません。

音楽好き、オーディオ好きで、ヘッドホン・イヤホンを色々試聴してみたい人は、一度行かれてみては如何でしょうか?

IMG_5091 IMG_5086

秋の夜長、高級イヤホンでいい音楽を聴きながらまったり過ごす…なんて最高に贅沢な時間の過ごし方ですよね。

日本語ができる中国人の若者がいるので、もし興味があるようならご紹介しますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする