5.5インチのiPhoneで片手キーボードPROを使おう

骨折しているので、iPhoneの文字入力で両手が使えません。特に5.5インチのiPhoneの場合、片手での文字入力には難儀します。

katate1

わたしは日本語の入力はフリックオンリーなのですが、骨折する前にインストールしていた「片手キーボードPRO」というサードパーティ製のiPhoneアプリが、ここに来て大変役に立っているのでご紹介したいと思います。

既にネット上にはたくさんのレビューが上がっていますので詳しくは書きませんが、「片手キーボードPRO」は、カスタマイズ性に優れたiOS用の日本語キーボードアプリです。

katate2

iPhone 5、5cでは動作しません。サポートされているのはiPhone 6以降の機種になります。

このアプリを使うわたしにとっての最大のメリットは、キーボードの大きさや位置を自由にカスタマイズできる点です。

いま左手が使えないので、常に右手のみで文字入力しているのですが、iPhoneデフォルトのフリックキーボードだと、5.5インチiPhoneの場合左側にあるキー、「あ行」や「た行」や「ま行」、それに「ABC」や「地球儀」ボタンに指が届きにくいんです。

katate3

ところがこの片手キーボードPROを使うと、テンキーを自分の好きな大きさや位置に調整できてしまいます。

katate4

大きくすることも小さくすることも自由自在。

katate5 katate6
左右の端に出てくる ◀︎ or ▶︎ ボタンで、キーボードを反対側に寄せられます。

katate7

このキーボードのおかげで、iPhoneを使ったブログの下書きがとても快適になりました!

今更ですがブログの下書きにはiPhoneのメモが便利
普段はMacBookにインストールしているMarsEditというブログエディタを使って書いているのですが、何しろ左手が不自由なのでキ...

さて、この「片手キーボードPRO」アプリには、キーボードサイズの変更に加えてもう一つの特徴的な機能、「3Dフリック」があるのですが、それについてはまた別の機会に。

その他かなりたくさんのカスタマイズ項目がある「片手キーボードPRO」、骨折している人にもそうでない人にも、特にPlus系5.5インチのiPhoneを使っている人にはかなりオススメのアプリです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする