微信(WeChat)での支払いにも3D Touchが便利

wechat_3dtouch

少し前に、支付宝での支払いに「3D Touch」か「ウィジェット」の利用が便利という記事を書きましたが、同じように「微信支付(WeChat Payment)」を利用する時も3D Touchが便利です。

支付宝Appは3D Touchかウィジェットが便利
日常の支払いには、ほぼ「支付宝」を使っている依存症です(笑) さて、店頭で支付宝アプリを使って支払いをする時、iPhone 6s以降の機種...
微信(WeChat)钱包(ウォレット)の登録方法
中国で最も有名なオンライン決済サービスといえばアリペイ(ALIPAY、支付宝)ですが、ウィーチャット(WeChat、微信)もしくはQQを運営...

3D Touchに対応したiPhone 6s以降の機種をお使いなら、「WeChat」アプリのアイコンを押し込むと以下のメニューが出てきます。

wechat_3dtouch_menu

  • WeChatを共有      アプリを他の人に紹介する機能
  • マネー          支払いQRコードを表示
  • QRコードのスキャン  QRコードスキャナー
  • 自分のQRコード    自分のWeChatアカウントをQRコードで表示

このうち、支払いで使うのはもっぱら「マネー」となります。

アイコンのプレスで表示されたメニューから「マネー」をタップすると、直ぐに支払いのためのワンタイムQRコード?が表示され、これを店舗側がスキャンすることで支払いはもう完了! 高速かつ便利です。

wechat_qr

わたしは普段の支払いには支付宝をメインで使っていますが、「星巴克咖啡(スターバックスコーヒー)」は支付宝に対応していないので微信を使って支払っています。

注文の際、まずスターバックス(China)のアプリでQRコードを表示、続いて微信で支払いと流れるのですが、どちらも3D Touchを使うと高速に会計処理できます(店側が)笑

特に後ろが行列の時にはいいかもしれません。もっとも行列の後ろの人にも気を使う日本人と違い、中国人は後ろの人のことなんか全く気にはしちゃいないのですがね 汗

以上、WeChatの3D Touchが便利というお話でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする