MacBookの画面のお掃除にレンズペンを使ってみよう

IMG_6492

できればMacをきれいに使いたい!

Macはあくまでも仕事の道具、ガシガシ使ってなんぼのモンじゃい!(なぜ大阪弁?)

もちろんこれも一つの考え方ですが、やはりできるだけいつまでもキレイに使いたい、というのが一般的な見方ではないでしょうか?

Macの場合はリセールバリューが高いですから、キレイに使えば下取りに出して新製品に乗り換える時にも有利です。

ディスプレイを掃除するのに役立つ道具

IMG_6489

さてMacBookやMacBook Pro、もちろんAirでもいいのですが、Macの画面のお掃除に「レンズペン」が意外に有効なことに気付いたのでシェアします。

「レンズペン」はその名の通り、カメラのレンズをクリーニングする専用の道具です。

うちが使っている「HAKUBA レンズペン3」は片側がブラシ、もう片側がクリーナーになっている一般的なタイプのものです。

IMG_6490 IMG_6491

価格はAmazonで1500円くらい。そんなに高くはありません。

   

先にブラシでホコリを落としてから、クリーナーで汚れを落としていきます。レンズを掃除する時と同じく、小さな円を描くようにしながら画面を拭いていきます。

レンズペンとクロスの併用が効果的

IMG_6488

とはいえ、パソコンのディスプレイはレンズと違って面積が広いですから、わたしの場合、汚れのひどいところはレンズペンでクリーニングし、その他の箇所は「ENJO」のハイテッククロスで拭き取るようにしています。

これは凄い!ENJOのハイテッククロス
先週土曜日のAUGM大阪、本当に楽しませていただきました。主催者やプレゼンターの皆様ありがとうございました。 さて、AUGMではベンダーブー...

ディスプレイがきれいだと気分もいいですね。

最近Macの画面を全然拭いてないなぁー、と思われた方は、この機会にレンズペンを使って、Macの画面を掃除してみるのはいかがでしょうか?

カメラは持っていなくても、Macのディスプレイ掃除専用にレンズペンを持っていれば、定期的に画面を掃除するようになっていいかもしれませんね!

   

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする