ジーニアスバーでMacBook AirのOSアップデートに成功!ただしEl Capitan

apple_pudong

前回からの続き↓

MacBook AirをHigh Sierraにアップデートできない
MacBook Air 11インチ最高! 長らく、とある場所にお貸ししていた我が家のMacBook Air(11-inch, Late...

自力でのアップデートを諦めて、上海のApple 浦东にMacBook Airを持ち込んで見てもらうことにしたわけですが…

国慶節中のジーニアスバーは意外と空いてた?

休日なので混んでいるかなと思ったら意外と空いていました(午後からはかなり混んでいる様子でした)。

geniusbar01

入店後ジーニアスバーを予約、1時間くらい待つようなことを言われたので、外に出てTHETAで写真撮っていたのですがすぐに順番が回ってきて、SMSに通知が来たのですが間に合わず、店内で少し待つことになりました。

Post from RICOH THETA. #theta360 –

Spherical Image – RICOH THETA

その後担当のジーニアスが紹介され、今回は日本語できるスタッフがいませんが、何とか頑張って以下のような状況を中国語で説明してみました。

  • USBでHigh Sierraのインストーラーを作り、ディスクユーティリティでMacBook Airのファイル形式をAPFSにフォーマット済みのこと
  • USBインストーラーから何度かmacOS High Sierraのインストールを試みたものの失敗したこと
  • アップデート前はMavericksで使っていたこと
  • バックアップは取ってあり中身にデータは残ってないこと

一応ちゃんと通じたみたいです。ジーニアスでインストールしてもらうことになりました。

有線でOSをアップデートしてみる

「自宅でアップデートできなかったのは网络(ネット)の問題かも?」みたいなことを言っていましたが、MacBookもMac miniも自宅のWi-Fi環境下で問題なくアップデートできたんですよね〜、とは敢えて言いませんでした(笑)

Wi-Fi経由ではなくUSB Ethernet アダプタを使って有線でアップデートを試みてくれるようです。

geniusbar02

しかし自宅で発生したのと全く同じ状況、つまりインストーラーは正常に起動するものの、Appleロゴが出て一定時間経過すると元に戻ってしまうという状態です。

geniusbar02

その後何度かやってみるもののやはりうまく行きません。

ハードウェアテストでも、我がMacBook Air 11-inch Late 2010には特に問題は見つかりませんでした。

別のOSで試してみる

仕方がないのでHigh Sierraは諦めて、とりあえず一つ前のSierraを入れてみることになりました、が… やはり一向にインストールが進みません。

さすがにジーニアスのスタッフも痺れを切らしたようで、このまま続けても時間の無駄なので、一旦マシンを預かってバックヤードで引き続き作業をしてくれることになりました。

geniusbar04

出来上がったら電話くれるとのことだったので電話番号を伝えました。ただしどれくらい時間がかかるか分からないので、明日取りに来てもいいよ、みたいなことを言われました。

一応できるだけ早く受け取りたい旨を伝え、取り敢えずわたしはApple Storeを後にしました。

Appleから電話がかかってきた!

休みなので暇ですし、食事をしたり写真を撮ったりして近くで時間を潰していたら、2時間後くらいでしょうか? Appleから電話がかかってきました。

やはりSierraも入らなかったみたいです。しかしもう一つ前のEl Capitanは入ったとのことでした!

中国語だったので正確な意味は聞き取れませんでしたが、さらにバージョンアップするかどうか尋ねられました。しかし仮にバージョンアップできたとしても遅くて使い物にならない可能性があるので、El Capitanで様子を見たらどうか、というようなことを提案されました。

El Capitanで良いならすぐに渡せるということだったので、OKして再び Apple 浦东にMacBook Airを受け取りに行きました。

外国にいても頼りになるAppleのGenius Bar

受け取りには本人確認のためパスポートが必要です。電話でそのことは伝えられていましたし、わたしはいつもパスポートを持ち歩いているのですぐに受け取ることができました。

geniusbar04

念のためカウンターでMacBook Airを起動させ、確かにEl Capitanがインストールされていることを確認しました。

最後に、引き渡してくれたAppleのお姉さんに、Appleは外国人でもちゃんと対応してくれて本当に安心だ、というような感謝の言葉を述べてストアを後にしました。

海外旅行・出張にパソコンを持っていくならMacにしよう!

世界の大都市にはたいていAppleのストアがあります。もし旅の途中で何か問題が発生しても、Apple製品であれば現地で対応してもらえる可能性があります。

もちろん言葉の問題はあるかもしれませんが、わたしがサポートを受けた上海のApple 浦东(pudong,プードン)には、聞いたところ何人か日本語が話せるスタッフがいるようです。

実際わたしも以前は日本語ができるスタッフのお世話になりました。

http://blog.shapingguo.com/2012/05/13/浦東のappleストアに行ってきた/

もしかしたら他の国や地域でも、母語でサポートを受けられるかもしれません?!

今回はずっと中国語でしたが、アップデートの待ち時間、日本のアニメが好きな店員が寄ってきて、日本文化のことや漫画のことなどをずーと話していました(笑)

仕事しなくて大丈夫かー? と逆に心配でしたが^^; おそらくAppleは、そうやって来店してくれた顧客とコミュニケーションを取ることで、より一層フレンドリーな関係を築き、顧客満足度を高める方針なのでしょう。

奇しくもジョブズ氏が亡くなってから6年目の日にAppleでサポートを受けて、素晴らしいユーザエクスペリエンスを体験し、より一層Apple Loveが強まったのでありました(笑)

http://blog.shapingguo.com/2012/04/22/ジョブズが亡くなった日/

まとめ

ということで長くなってしまいましたが、結論としては、海外旅行・出張、もちろん海外在住者はApple製品だと現地でサポートを受けられて本当に便利だし助かるということです。日本製のWindowsパソコンだったら、こうはすんなりサポートを受けることはできないでしょう。

そして古いMac(わたしの場合はMacBook Air 11-inch Late 2010)の場合、たとえ最新OSのアップデート条件をクリアしていたとしても、アップデートできないこともある、というお話でした。

MacBook Air Late 2010をお使いで、古いOSから最新OSへのアップデートを考えておられる方がいらっしゃいましたら、El Capitanあたりで止めておく方が無難かもしれません。

コメント

  1. Ryo より:

    何処かのBlogで見掛けた気がするのですが、
    古いMacに High Sierra をインストールするには
    一度 OS X 10.11 El Capitan を入れなければならない、と。
    勘違いかもしれませんけどね(^_^;)。

    • wonda4 より:

      Ryoさん、コメントありがとうございます。
      El Capitanからならアップデートできる可能性がありそうですね〜
      今はEl Capitanで満足していますが、機会があったらEl CapitanからHigh Sierraへのアップデートをチャレンジしてみたいと思います!