iOS 11.3から上海地下鉄の交通カードがApple Payに対応、早速登録してみた

Applepay sha transitcard20

最新のiOSアップデートで、ついに上海と北京の地下鉄やバスなどで利用されている交通カードでApple Payが使えるようになりました!

一時期は、まるでSuicaのように上海交通卡が使えるように画策したこともありました(汗)

iPhone 7で上海の地下鉄に乗る(ケース必須)
ご存知のように、日本のAppleで購入したSIMフリー版「iPhone 7 / Plus」は「NFC Type F(FeliCa)」対応です...

これからは、そんな無駄な努力を払わなくてもiPhoneを改札にかざしてスマートに通過できるようになります(笑)

以下は上海公交卡の登録方法です。

カードの追加方法

まずiPhoneの「設定」から「WalletとApple Pay」を選択、その後「カードの追加」をタップします

Applepay sha transitcard01

続いてApple Payの案内画面が表示されるので「続ける」をタップ

Applepay sha transitcard01

「カードの種類」から「交通系ICカード」 > 「Shanghai Transit Card」を選択

Applepay sha transitcard01

任意の金額を入力して新たにカードを登録することもできます(その場合チャージ金額からデポジット20元が差し引かれます)。ここでは「既存のカードから残高を転送」を選択します

Applepay sha transitcard01

「Card Number」の部分にカードナンバーの上4桁を入力し右上の「次へ」をタップ

Applepay sha transitcard01

「利用条件」に「同意」する

Applepay sha transitcard01

iPhoneをカードにかざすApplepay sha transitcard07

情報の転送が始まって

Applepay sha transitcard07

「Card Added」と表示され、「次へ」をタップすると「Using Cards in Wallet」と表示され、右上の「完了」をタップしてカードの登録が完了

Applepay sha transitcard07 Applepay sha transitcard07

はい、このように「上海公共交通卡」が追加されました!カードの中に41.7元入っていたようです

Applepay sha transitcard07

もし既にSuicaを登録している場合、エクスプレスカードの設定を「上海公共交通卡」に変更しておきましょう

Applepay sha transitcard13 Applepay sha transitcard07

以上のように登録の仕方はとても簡単です。比較的最近のiPhoneをお使いならぜひ登録してみてください。

対応しているデバイスは以下の通りです

iPhone SE、iPhone6/6 Plus、iPhone6s/6s Plus、iPhone7/7 Plus、iPhone8/8 Plus、iPhone X、Apple Watch Series 1/2/3

その他

もちろんのことですが、これらの機種は既にApple Payと紐付いている必要があります。

それから、既存のカードから残高を転送する場合、記念カードなどだとうまく転送できないかもしれません。わたしは昔JALに乗った時にもらった交通カードで登録してみたのですが、情報をうまく転送することができませんでした。

実際に使ってみた感想

Applepay sha transitcard20

いやぁー、スマホとは別に交通カードを持たなくてもいいのは助かりますね。よく忘れるので(笑)

あと、少し前から始まったQRコード方式より改札の通過が圧倒的に早いですね、まぁこれは当たり前のことですが。

QRコード方式の場合、改札前でアプリを起動し二维码(QRコード)を表示させセンサーにかざす必要があります。ステップが多いですし改札センサーとの距離が悪いと読み取りに失敗することも多々あるようで…

最近は改札前でもたついている人をよく見かけるので、Apple Payの方が絶対スマートだと思います。

さてちょっと長くなってしまったので、その他の使用感や設定等については、また別にエントリしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする