中国でのネット契約を見直してみた

Networking

photo by Norlando Pobre

自宅のネット環境を変えました

中国語で光回線もしくはブロードバンドのことを「宽带(kuāndài)」と言います。2年ほど前、房东(大家さん)契約の遅い回線から自分契約の回線に変更していました。

中国電信(チャイナテレコム)から中国移動(チャイナモバイル)へ

自分契約になってからは中国电信(China Telecom)の50M、1400元/年というプランだったのですが、この度5月17日「电信日(通信の日?)」のキャンペーンを使って、中国移动(China Mobile)のケータイ回線とブロードバンドのセットに乗り換えました。

Telecom mobile

中国移動の光回線は100Mで120元/年(10元/月)と、スピードはアップしつつコストを大幅に削減することに成功しました!

ケータイは主回線が1年目は28元/月で、2年目以降は原价の58元/月になります。150分/月の通話と1GB/月(全国)の流量、つまり中国全土で使える通信量が付きます。

さらに副卡(副回線)が2つ与えられ、主卡と副卡3回線間の通話は無料、それぞれの副卡には1GB/月(本地、つまり上海市内のみで使える)の通信量が5ヶ月分が付きます。

副卡は5ヶ月使って要らなければ返却していいそうです。

日本語でもまあまあ複雑な内容ですが(笑)、中国移動の営業所ではもちろん中国語なので、何度も聞き直してセット内容を理解することができました(汗)

料金まとめ

改めて料金をまとめてみると…

  • ブロードバンド
    • 120元/年(2年目以降の料金は不明^^; 来年の同じ時期にまたキャンペーンがあるかも、とのこと)
  • ケータイ回線
    • 主卡
      • 28元/月(2年目以降は58元/月)
    • 副卡(2回線)
      • 無料(5ヶ月目まで1GB/月の通信量付き。セット回線内の通話は5ヶ月目以降も無料。セット回線以外への通話は0.19元/分)

つまりブロードバンド回線とケータイ3回線が1年目に限って言えば、何と456元/年(条件を超過しない場合)で維持できることになります!

456元を今のレートに換算するとだいたい8000円弱、安い!安過ぎる!!

去年まで中国電信に支払っていた1400円/年は何だったのでしょうか? 日本の通信費と比べると、もう信じられないくらい安いですね。

もしかしたら今月いっぱいはキャンペーンやってるかも?!

もちろんキャンペーン価格で安かったというのもありますし、宽带については、そもそも日本の品質と比べるのが間違っているという問題もありますが(汗)、取り敢えずネットが使えればいいので、今回のキャンペーン内容については概ね満足しています。

通信の日は過ぎていますが、今月末までキャンペーンをやっているキャリアがあるかもしれないので、中国にお住まいかつネットは自分契約で、通信費を圧縮したいとお考えの方がいらっしゃれば…

China mobile

China unicom

China telecom

いずれかの营业厅(営業所)で相談してみるといいかもしれません。

ただし、基本的には中国語でのやり取りになるので注意が必要です。どうしても日本語でサービスを受けたいということであれば、上海であれば古北の水城南路沿いにあるチャイナユニコムの営業所であれば日本語ができるスタッフがいますよ〜

以上、中国・上海でネット契約を見直し通信費をコストダウンできたというお話でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする