小米手环2(Mi Band 2)をゲット!したのでフォトインプレッション

6月7日オンラインにて販売を開始した「小米手环2(Mi Band 2)」を当日ゲットできたので,簡単にレポートしたいと思います。

P6073339

今回も日本人最速レビューを目指します(笑)

小米のクラウドファウンディングでスマートシューズを購入
またまた小米の众筹(クラウドファウンディング)で買ってしまいました。 今度はスニーカーです。商品名は「90分智能休闲鞋」。 「云马C...

とにかく小米の物流は早い!午前中に注文,昼には出荷して夕方にはもう配達完了です。購入した商品を何日も待たずに,すぐ手にできるのはやはり嬉しいですね〜

外箱

いつもの通りシンプルです。

P6073331

初代Mi Band(左側)と箱の大きさは大きさは全く同じ。

P6073332

蓋を開けたところ

P6073333 P6073334

開梱後の内容物は以下のとおり

説明書,本体,バンドそして充電ケーブル。

P6073335

本体

思ったほど大きくはありませんでしたが,やはり初代よりは厚みがあります。

P6073357

端子部分と本体裏側の心拍数計部分

P6073358 P6073359

ディスプレイ

結構綺麗です。セットアップ後,すぐにファームウェアアップデートが始まりました。下の写真はその時の本体画面。

P6073338

ディスプレイ下にあるタッチボタンで,時計→歩数→心拍数の表示を切り替えます。その他も表示させるにはアプリから設定する必要があります。

Mi Fit App
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
価格: 無料

充電ケーブル

本体が大きくなった分,本体を挿入する部分が初代より分厚くなっています。

ケーブルも平たいタイプに変わっており,もしかしたらこれは「小米手环 光感版(Mi Band Pulse)」の充電ケーブルと同じなのかもしれません。

P6073349 P6073350 

バント

残念ながら初代との互換性はありません。本体の大きさが異なるので致し方のないところ。下の写真の青いのが初代のバンドです。

P6073352 P6073336

留め具も少しだけ変わっています。より「パチッ」と留まる感じ。

P6073353 P6073354

ざっとまあ,こんな感じでしょうか。

アプリ側の情報その他については,また追ってレポートしたいと思います。

これだけの機能を備えて149元,日本円にすると約2500円!

日本未発売なのが悔やまれます。技適の問題さえなければ日本に持ち込んで売りたい気分です(笑)きっとAmazonでの代行販売業者が儲けるんでしょうね〜

以上,発売されたばかりの「小米手环2(Mi Band 2)」に関する情報でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする