Macのユーザーアカウントにログインできなくなったので強引にデータを取り出してみる

もうかなり経つんですが…

Mac miniの自分のユーザアカウントにログインできなくなってしまいました(-。-;

スクリーンショット 2016-03-08 21.50.05 2

因みに,うちのMac miniは「Mid 2011」でCore i5の2.3GHz,俗に言う「梅モデル」です。ただしメモリを8GBに増設,起動ディスクをcrucialの128GB SSDに換装,ユーザーデータの記憶領域にHGSTの1TB HDDを増設しています。

  

既に5年も前のモデルですが,このスペックでこれまで不便を感じることはありませんでしたし,特に不具合が発生することもありませんでした。

さて今回のトラブルが発生したきっかけですが,Finderでファイルをプレビューしていたら固まってしまったので,Finderを強制終了させてMacを再起動,パスワードを入力してログインしようとすると…

あの忌まわしき「レインボーカーソル」が回り出し,うんともすんとも言わなくなってしまったのです。。。

メインで使っていたアカウントとは別に,テスト用に作成していたアカウントがあったので,とりあえずそちらでログインしてみると,問題なく起動できます。つまりユーザデータ用のHDDそのものが壊れた訳ではなさそうなのです。

しかし普段使っているユーザアカウントでは,何回ログインしても症状は変わりません。

仕方がないのでリカバリーモードで起動(command+R),ディスクユーティリティを起ち上げて,起動ディスクのボリューム,ユーザフォルダを置いているボリュームのそれぞれ,「First Aid」を実行してみたのですが,結局どちらからもディスクのエラーは検出されませんでした。

他にも幾つか対処方法を試してみました。

しかし一向に解決せず。自分のユーザフォルダ配下にはたくさんデータが保存されており,それにアクセスできないと大変困ります。

もうどうにもならないので,最終手段としてユーザデータの入っているハードディスクを物理的に抜き出すことにしました。

2014/02/10

Mac miniの開腹は久々だったので少々手間取りましたが(ハードディスクを外す時,手前の束ねたケーブルを引っ掛けるプラスチックの爪みたいなのが折れてしまった),なんとかHDDを取り出し,代わりに元々入っていた純正の500GB HDDをMac miniに戻しました。

取り出した1TBのHDDを,USB3.0対応の外付けケースに入れ別のMacに繋いでみると…

  

無事ユーザデータを見ることができました!

こういう時に,起動ディスク(OSやアプリケーションが入っているディスク)とユーザデータの入っているディスクを分けておくと便利,というか安心だと改めて実感させられました。

この際Mac miniを,バックアップからの復元とか言わず,潔く綺麗さっぱり再インストールして環境を再構築してみたいと思っています。

まぁ,その時間がいつ取れるのかはわかりませんが(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする