MacBook Proから12インチMacBookに乗り換えるという選択

P7250026

わたしのように13インチMacBook Proから12インチMacBookへの乗り換えを検討している方に参考になればと思いエントリします。

似たような記事は既にたくさんあリますので,あくまでも個人目線重視で(笑),その利点を3つだけ取り上げたいと思います。スペック等は出尽くしていますので割愛し,この際デメリットも取り上げません。超身勝手な所見です。

とにかく軽い

言うまでもありませんが、MacBookは全Mac中最軽量の920g

macbook※画像はAppleのサイトから拝借

13インチMacBook Proが1.58kgなので,その差は660g!

これは毎日あるいは頻繁にMacを持ち歩く人にとって大きなアドバンテージです。

わたしは普段トートバックを使っていますが,軽いと肩への負担が全然違います。食い込まないというか…

また週末はリュックを使うことが多いのですが,カメラ等も入れるので結構な重さに。負荷は両肩に分散されるとはいえ,荷物が軽くなるに越したことはありません。

上記の理由でMacBookへのリプレイスは正解でした。やはり軽いは正義ですね!

美しいデザイン

これも言うまでもありません,12インチMacBookはAppleがデザインした最新のMacです。なので無駄がなくてとにかく美しい。

P7250019

P7250018

P7250020

MacBookを見た後に,MacBook Airのディスプレイの額縁を見ると古臭ささえ感じてしまいます。

加えて,MacBook AirやMacBook Proに共通して見られる黒いアンテナ部分もMacBookにはありません。この違いだけでこんなにもスッキリするものかと感じます。

P7250021

さらに天板のAppleロゴ。以前は光って欲しいと思っていましたが,Mac使いがこれほど多くなった今では,むしろ光らない方が他との差別化となりカッコよく思うようになりました。

上海でもスタバを始めどこのカフェに行ってもリンゴマークが光っていますので,光らないアップルマークの方がプレミアム感があります。

P7250017

 上記の理由でMacBookへのリプレイスは正解でした。やはり美しいは正義ですね!

バタフライ構造のキーボード

賛否両論のあるストロークの浅いキーボードですが,個人的には好きです!

P7250014

2015年春に現在の形のMacBookが発売されて以来,Apple Storeに寄るたびに展示されているMacBookの「メモ」appを立ち上げてその感触を確かめてきましたが,キーストロークの浅さは慣れの問題で,むしろ少し固めのカチッとした打鍵感の方に好印象を持ちました。

加えて,キートップ一つ一つにLEDが埋め込まれているので,MacBook Proに比べて明らかに表示がクッキリ。

キーボードの打ちやすさに関係するというより明らかに見た目の問題ですが,世界中のどのパソコンよりカッコイイキーボードだと思います。

上記の理由でMacBookへのリプレイスは正解でした。やはりキーボードの打ちやすさは正義ですね!

まとめ

わたしは自宅ではMac miniを母艦として使っていますので,持ち歩き用のサブマシンとして,12インチのMacBookは最適の選択でした。

13インチのMacBook Proは,持ち歩きには不向きですね,もちろん15インチも。

持ち歩きのサブマシンと割り切れば,インターフェイスの問題や処理性能の問題は取るに足らない問題です。

よってこうした用途で乗り換えをお考えなら,12インチのMacBookは本当にオススメです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする