感圧タッチトラックパッドで便利に地図検索

感圧タッチトラックパッドで「強めのクリック」、皆さん使っておられるでしょうか?

trackpad02

「感圧タッチトラックパッド(Force Touch trackpad)」は現行のMacBook、MacBook Proに搭載されている機能です。

「強めのクリック」というのは、簡単に言うと1段目のクリックより深くに、擬似的に2段目のクリック感覚があることです。

これには「Taptic Engine」というメカニズムが関係していて、感圧タッチトラックパッドが指先の圧力を感知し、普通のクリックのさらにその先に、新しいユーザエクスペリエンスを提供するApple独自の技術です。

trackpad01

最近ではiPhone 6S / Plus もしくは7 / Plus、Apple Watchシリーズにも「Taptic Engine」を組み込んだ機能が搭載されているので、これらの製品を使っておられる方なら、「強めのクリック」がどういう感覚なのかお分りいただけるかと思います。

さて前置きが長くなりましたが、今日とあるウェブサイトから住所をコピーしようとした時、無意識に「強めのクリック」操作をしてしまい、おかげで地図がポップアップすることに初めて気が付きました。

では、ここでは試しに、Apple 心斎橋の住所を「強めのクリック」してみましょう。

map01

ポップアップするのはApple純正の「マップ」ですが、ポップアップから経路検索に飛んだり連絡先に追加したり、もちろんマップアプリ本体を開くことも可能となっています。

map02

MacBook Proの時もMacBook 12インチに乗り換えてからも、これまであまり「感圧タッチトラックパッド」の恩恵に与っていませんでしたが、ウェブサイトから住所をコピーして地図検索はよくするので、これからは「強めのクリック」で、サクッと調べたいと思います。

Appleの「マップ」も意外と使えるようになってきてるんですね。「Googleマップ」や、ここ中国では「百度地图(bǎidù dìtú)」がまだまだ優勢ですが、地下鉄のルート検索などは結構使える感じでした。

Mac標準搭載の「マップ」アプリも、積極的に使っていきたいですね。