RT-AC68Uに外付けHDDを接続してみたが…

Gadgets
スポンサーリンク

ASUSの無線LANルータ「RT-AC68U」を自家製クラウドにすべく、外付けHDDの接続してみようと思います。

無線LANルーターを交換した
苦労してやっと届いたASUSのWi-Fiルーター「RT-AC68U」。そもそもこのルーターに興味を持ったのは以下の記事を見てからでした。GigazineNexus 7のASUSが本気で作った無線LANルータ「RT-AC68U」レビ...

簡易クラウドの構築

Mac miniのHDD換装で余った2.5inch 500GBのHDDを使うことにします。

Mac miniのデータ領域用HDDを換装する簡単な方法
我が家のMac miniは購入と同時にSSDに換装済みで(換装は自己責任で。Appleからの保証が受けられなくなる可能性があります)、元々の500GBハードディスクは増設ケーブルを使って空いているスペース(Lower側)に移設していました。...

ディスクのフォーマット

まずはフォーマットですが、今回初めて「exFAT」という形式にしてみました。

MacとWindowsで外付けHDDを共有するなら「exFAT」フォーマットが最強!

上記の記事ではWindowsでフォーマットする方法が解説されていますが、Macでもフォーマット可能です(ディスクユーティリティで「exFAT」形式を選択可能)。

ルータに接続

USB3.0のケースに入れてルータ本体裏側の、USB3.0のポートに接続。

image image
HDDを認識しました。RT-AC68Uのコントロールパネル、かっっこいいです(笑)

ASUS_Wireless_Router_RT-AC68U_-_ネットワークマップ

ところが、「USBアプリケーション」→「AIDisc」と進むも…

ASUS_Wireless_Router_RT-AC68U_-_USB_アプリケーション

「USBディスクを検出しません。」と表示されてしまいます。

ASUS_Wireless_Router_RT-AC68U_-_AiDisk

「exFAT」のフォーマット形式が良くなかったのかと思い、ASUSのサイトで調べてみたら、やはりそうでした。下記の表が対応しているフォーマット形式のようです。

Plug-n-Share Disks Compatibility List

ASUS Plug-n-Share Disk Support List

対応フォーマット形式の確認は必須

こういった簡易クラウドを構築する前に、やはりベンダーのサイトで最新の情報を確認しておくことは大事ですね。

ということで、ここはやはり無難に「FAT32」にフォーマットしておく方が良さそうです。

またうまく行ったらレポートしたいと思います。

コメント