上海生活にあると便利!バッグハンガー

カバンを床に直接起きたくない時ありませんか?

上海で生活していると,特に外食などの際,汚い地ベタにカバンを絶対置きたくないシュチュエーションが多々あります。

そんな時に便利なのがコレ↓

P1281584

LIHIT LABから出ているその名も「BAG HANGER(バッグハンガー)」です。

 

机の角に設置して,カバンを引っ掛けられるだけの単純なアイテムなのですが,これが有るのと無いのとでは大違いでして。

image

これまでは…

食事などの時カバンを床に置きたくないのでどうしていたかというと,膝の上に乗せるか背中と椅子の背もたれの間に挟むかしていました。

もちろん隣の席が空いていればそこにカバンを置けばいいのですが,混んでいる店だと相席も当たり前の上海で,カバンだけで一席を消費するわけにはいきません。

日本のように,カバン等を入れるカゴを準備している気の利いた店はこちらではまずお目にかかれません。

結局,上記の通りカバンを膝の上に乗せるか背中に挟むかの,非常に窮屈な体勢で食事をとらざるを得ませんでした。

ところがバッグハンガーがあると…

カバンの中からバッグハンガーをサッと取り出し,テーブルの角に設置して簡単にカバンを引っ掛けられるようになりました!

image

これで窮屈な姿勢で食事をしなくて済みますし,止むを得ず汚い床にカバンを置かなければならない状況も避けられます。

テーブルに引っ掛ける部分は吸盤ではないので,本当にただ机の角に引っ掛けるだけ。なのに滑り落ちないのは引っ掛ける部分の裏側がゴム素材なのと,おそらくフックの形状が荷重を分散させる絶妙な角度になっているからなのでは?と勝手に推測しています(笑)

image image

上の画像のように,直角90度の面にも(左),デスクの天板にも(右)ちょうどいい具合に引っかかります。

日本のAmazonではわずか400円で販売されているので,持っていれば必ず役に立つ,上海生活お助けグッズ「リヒトラブ バッグハンガー 」を,この春から上海生活を始める皆さんも,一つカバンに忍ばせておくのはいかがでしょうか(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする