Mac miniに最適なUSBハブでポートを拡張

Mac miniの弱点の一つは,ポート類がすべて本体後方に付いていることです。

IMG_8632

これはデザイン的なことを考えると致し方のないところです。

ディスプレイを繋ぐHDMIポートやスピーカーを繋いでいるオーディオジャックは後ろ側で問題ないのですが,頻繁にアクセスするUSBポートが後ろ側だととにかく使い勝手が悪いのです。

そんな時USBハブの出番な訳ですが,なかなかMacのデザインにマッチするハブって少ないんですよねぇー

そこで,Macユーザーにオススメなのが「ORICO USB3.0 7ポート ハブ」です。

  

ACから電源供給するセルフパワータイプなので,バスパワーの外付けHDDなどを刺してもOKです。もちろんUSBは3.0で,5Gbpsの転送速度を実現しています。

image

見た目も,AppleワイヤレスキーボードやMagic Trackpadの素材や側面のデザインを踏襲したものとなっていて,アップル製品とよくマッチします。

IMG_4977 IMG_8618

31p9rVSzIbL

表側のブランド名や文字も無かった方がスッキリするので,なんとか隠す方法を考えたいと思います。

あと,動作状況を示すブルーのLEDが結構眩しいので,こちらもテープか何かを貼って対処しようと思っています。

何れにしても,USBポートがデスクの上に7つもあれば十分でしょう。通常7ポート使うことはまずないのですが,せっかくなので全部埋めてみました。

image

左からUSB給電のスピーカー,プリンタのUSBケーブル,USBメモリ,小米手环,iPhone,紅米2,そしてiPad Air 2です。

グチャグチャしてて何だかよく分かりませんね(汗)

こうやって全部挿してみると,せっかくのデザインも台無しになるということがよく分かりました(笑)Macに合うデザインのUSBハブを選んだのに本末転倒です。

さてこの「ORICO」という周辺機器メーカーは中国ブランドで,わたしは淘宝(タオバオ、Taobao)で購入しました。

タオバオでの購入価格は142元(現在は149元)だったので,だいたい日本円で2500円といったところでしょうか。日本のAmazonだと3400円(プラス送料)なので,中国で買った方が1000円ほど安かった計算になります。

とはいえ,日本でも販売されているので気になる方はAmazonなどでチェックしてみてください。(同じ7ポートでもバスパワータイプもありますし,4ポートや10ポートのモデルもありますので購入の際には注意が必要)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする