iPadの同期がうまく行かない

「Mac mini」のOSをクリーンインストール後,初めて「iPad Air 2」をiTunesと繋いで同期・バックアップをかけたら,以下のダイアログが出てきました。

このコンピュータは、iPad“xxxx iPad”にインストールされている App を使用するための認証を解除されています。iTunes Store で購入した項目を使用できるように、このコンピュータを認証しますか?

確かにクリーンインストール前,iTunesのメニュー > Store > 「このコンピュータの認証を解除…」から認証解除の設定をしています。これは5台の認証制限を超えないように念のため。

スクリーンショット 2016-04-19 23.10.18

しかし「認証」をクリックしても一向にステータスが進行してくれません。

このコンピュータを認証しないと、“#Photos”など、123 本の App とそのデータが iPad から削除されます。

オォー,コェーよぉ〜

「123本のAppとそのデータ」って?!

iPad側で確認してみると,インストールしているアプリの総数163本。ということは…

IMG_0964

ほとんどじゃないですかぁぁぁ(T . T)

iPadの各Appの中には結構な量のデータが入っています。特にPDFやらなんやら…

これらが吹っ飛んでしまったら,超ショックです。

不幸なことに,最近はOTAに慣れてしまったせいもあり,iTunesに繋いでiPadの同期・バックアップを取ることがほとんどなくなっていました 0rz

つまり,クリーンインストール前のMacのバックアップデータは取ってあるものの,iTunesで同期したiPadのバックアップは古く状態で,使い物にならないということです。

どうしよう? と悩みながらこのブログを書いていたら…

スクリーンショット 2016-04-19 22.55.38

「キャンセル」ボタンがあることに,ふと気づいてしまいました 哈哈

キャンセルを選択すると,何ということはない,同期は中止されアプリは元のままでした。やれやれ(笑)

さて,この一連の顛末から得た個人的な教訓ですが…

クリーンインストールするならMacの全体バックアップだけでなく,iOS端末もiTunesと接続して同期を取っておけ!

ということです。次回からは気をつけます(^_^;)

しかし今回何で認証できなかったのかは不明。中国からだから?と疑い「VPN」に繋いでみましたが,やはり認証できませんでした。

また暇を見つけてトライしてみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする