微信(WeChat)钱包(ウォレット)の登録方法

中国で最も有名なオンライン決済サービスといえばアリペイ(ALIPAY、支付宝)ですが、ウィーチャット(WeChat、微信)もしくはQQを運営しているテンセント(Tencent、腾讯)も、微信を使ったオンライン決済サービスを展開しています。

WeChat cupcake
WeChat cupcake / liewcf
日頃ローソン(罗森)で買い物することが多く、ローソンはWeChatウォレットに対応しているみたいなので、銀行カードと紐付けて利用できるようにしてみました。

登録に際してちょっとしたコツがあったので、在留邦人の皆さんで登録できずにお困りの方の役に立てればと思いエントリします。

まず言語設定が日本語のままだと、銀行カードの詳細情報登録、「ID番号(識別番号)」のところでつまずいてしまいます(識別番号が何か分からない…)。

image image

なので、最初に言語設定を「简体中文」にしておく必要があります。「設定」→「全般」と進んで…

image image

「言語」→「简体中文」を選択し「保存」。アプリの言語が中国語に変わります。

image image

その後改めて、「钱包」→「银行卡」と進み…

image image

「添加银行卡」のところでカード番号を入力するのですが、iPhoneのカメラを使ってカード番号の部分をスキャン(扫描)すると、簡単に番号を入力できます。

(もちろん手入力でも可)

image image
カードをスキャンして、iPhoneが番号を読み取ったら「下一步」をタップ

image image

次にカードの詳細情報を入力して行きます。以下は入力項目。

  • 卡类型(銀行名と口座の種類)
  • 姓名(口座開設時に登録した名前で外国人の場合はアルファベット)
  • 证件类型(「护照」つまりパスポートを選択)
  • 证件号(パスポート番号)
  • 手机号(中国の携帯番号)

image

この詳細情報のところで、内容に誤りがあると弾かれてしまうので正確に入力する必要があります。特に「姓名」のところは口座開設の時と同じアルファベットの綴りでなければなりません。あとわたしの場合、姓と名の間に空白が入っているとダメだったので、うまく行かない場合は姓名を続けて入力してみてください。

以上の入力が完了したら「下一步」をタップ

ケータイの短信(SMS)に密码(パスワード)が送られてくるので6桁の数字を入力して「下一步」をタップ

image

「设置支付密码」入力画面で任意の6桁の数字を入力。

これは支払いの度に求められるパスワードなので、忘れにくいものがいいと思います。

image

2回同じ数字を入力して「下一步」をタップ!

これでやっと銀行カードと微信钱包が紐付けられて、WeChatウォレットが使えるようになりました。

image

登録が終わったら、言語設定を日本語に戻しても大丈夫です。

支付宝と同じで、いちいちチャージしなくても、直接銀行口座から支払い額が自動的に引き落とされる仕組みです。コンビニでパンを買うなど、少額の決済からでも使えるので大変便利です。

実際に試してみました

パンとお茶という小額決済に使ってみます。

ローソンで支払いの際「用微信钱包(yòng wēixìn qíanbāo)」とか何とか言って「ウォレット」→「刷卡」と進みます

image image

QRコードが表示されるので店員さんがスキャンします

登録の際に決めた6桁のパスワードを入れると…

改めて今日使ってみたら、パスワードの入力も要りませんでした。(2015/8/28修正)

image image

あっという間に支払いが完了しました!

こりゃ、財布も小銭入れもそのうち要らなくなるんじゃないか、そう思うくらい便利なサービスですね。

タイムリーにもTwitterで関係する記事のリンクが貼られていたのでここでも共有します。

なかなか興味深い記事でした。

さて、WeChatウォレットがローソン以外ではどこで使えるのか、調べてみたけど結局分かりませんでした(-.-;)

有名どころで、「微信支付」と「支付宝」が使える場所は以下の通り

圧倒的に「支付宝」が使えるところの方が多く、支付宝は結構小さなお店でも対応していたりするのですが、わたしはローソンで微信钱包、ファミマで支付宝が使えればそれでいいかな。

一つだけ注意点を挙げるとすれば、この手のサービスはお金を支払っている感覚が持ちにくいので(タダで買い物している感じ?実際は支払っているんだけど…)、使いすぎには注意しなければいけないかも…です。

以上、長くなりましたが「WeChatウォレット」の登録方法についてでした。

中国では、おサイフケータイなんか使えなくても十分便利に生活できます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ネオ より:

    こんにちわ^_^红包の季節なので微信でATMカードをリンクさせようとしましたができませんでした。銀行に行って確認したら外国人だから?できないということ。何か他に手段をご存知ですか?

    • wonda4 より:

      ネオさん、コメントありがとうございます。紅包ですか〜 わたしは利用したことがないですね。
      ATMカードをリンクできない件、すいません、ちょっと分かりません。外国人だからできないというのはちょっと違うような気がします。もしそうなら、わたしもできないはずなので、それは中国人お得意のテキトーな対応だと思いますよ(笑)
      銀行カードそのものを新たに作り直してしまうのも一つの手かもしれませんが、やはり面倒くさいですよね。。。
      お役に立てず申し訳ないです。

  2. OYAJIT より:

    私は以前使えていましたが、1月中旬から使えなく
    なりました。(リンクは出来ていいる、入金もOK,支払い不可)銀行カードは招商銀行で支払いパス入力で
    引っかかります。
    支付宝は快適に使えるんですけどね。一番重宝していた滴滴打車の専車が使えなくなるので、上海の雨の夜は厳しいですね。

    • wonda4 より:

      OYAJITさん、コメントありがとうございます!
      今まで使えていたものが急に使えなくなると困りますよね^^; まぁ中国よくあるあるではありますが…
      わたしがよく利用するローソンでは支付宝が使えるようになったので、最近はあまり微信を使わなくなっていました。
      そんな折、先日の一時帰国の際、中国人の同僚に買い物を頼まれて、代金の支払いに微信を使ったのですがちゃんと引き出せるかなー、まだ試していないのでちょっと心配になってきました。結構高額だったので(汗)
      微信钱包から銀行に現金を移せるか、あとで確認してみたいと思います。
      OYAJITさん、タクシー捕まえる別の方法が見つかるといいですね。

  3. 北京市N氏 より:

    微信支付は支払いが便利と言うことは分かりましたが、ひとつ心配があります。もしスマホ(智能手機)を紛失したり盗まれたりした場合、勝手に微信支付で支払われると言うことはないのでしょうか?スマホは指紋認証やパスワードが無くても誰でも開けるとします。

    • wonda4 より:

      こんにちは、北京市N氏さん。
      この件については、残念ながら適切にパスワードを設定しておかなければ、紛失したり盗まれた時、勝手に使われてしまう可能性があります。
      わたしも便利なので、ついつい疎くなっていましたが、注意が必要ですね。
      ただ、微信アプリの側でも「パターンパスワード」を設定できるようになっているので、端末本体のロックと併せて設定しておけば、少しはトラブル回避の役に立つかもしれません。
      心理的にも安心ですしね。

  4. 岡安萌 より:

    支宝付やwechat wallet は、日本で作った中国銀行の中国(東京支店)でも使えますか?
    私は日本人で日本に住んでいますが微店へ出店を考えております。
    教えて頂けたら幸いです。宜しくお願いします。

    • wonda4 より:

      支付宝やWeChat Paymentと日本の中国銀行(Bank of China)東京支店で作ったカードを紐付けることはできないと思います。基本的に中国本土で作った銀行カードが必要です。
      微店(微信への出店?)を考えておられるとのことですが,今お店を運営されていて支付宝,微信での支払いに対応させたい,という意味なら,「支付宝 微信 導入」などのキーワードで検索すると,いろいろな情報が出てくると思いますよ! 頑張ってください。