iPhone 6でApple Payを使えるようにした

iPhone
スポンサーリンク

今更という感じではありますが…

中国でApple Payを使えるようにする方法

せっかく「Pay(Apple Pay)」が使える中国・上海に住んでいるわけですし,とりあえず設定だけでもしておこうかと。

まぁ,わたくしは未だにiPhone 5を使っているので ^^; 今回は奥さんのiPhone 6に設定してみることにしました。

リージョンの変更

まずiPhoneの「設定」>「一般」>「言語と地域」と進み,「 書式」のところの「地域」を「日本」から「中国」に変更しておきます。

これをしておかないと,そもそもiPhoneの「Wallet」アプリに「Apple Pay」の設定画面が出ません。

IMG_1269

銀行カードの登録

その後「Wallet」アプリを開くと以下のような画面が出てくるので,右上にある+ボタンをタップします。

IMG_1256

次にApple Payの説明画面が出てくるので,右上の「次へ」をタップ。

IMG_1257

「カードを追加」という画面が出てくるので,銀行カードをカメラでスキャンします。

IMG_1259

スキャン後,「カードの詳細」という部分で,名前とカード番号が正しいかを確認して問題なければ「次へ」をタップ。

IMG_1260

「利用条件」が中国語でズラズラっと書かれていますが,とりあえず「同意する」をタップ。

IMG_1261 IMG_1262

ケータイ番号の紐付け

「カードを確認」という画面で,ケータイ番号を自分で入力したか,自動的に入っていたかを忘れてしまったのですが,問題なければ「次へ」。

IMG_1263

ケータイの「短信(SMS)」に6桁の密码(パスワード)が送られてくるので,「確認コード」の欄に入力して「次へ」。

IMG_1264 IMG_1265

アクティベーション完了

「アクティベート完了」の画面。「中国工商銀行」のカードを登録したのですが,カードの図柄がちゃんと反映されているのが面白いですねぇ〜

IMG_1266

それまで何も入っていなかった「Wallet」アプリの「Apple Pay」のところに,「工商銀行」のカードがちゃんと入っています。

IMG_1268

iPhoneの画面ロックの状態で,ホームボタンをダブルクリックすると,以下のような画面が出てきます。即座に「Apple Pay」を使って支払いができるというわけですね。これは素晴らしい!

IMG_1267

以上が「Apple Pay」登録の大まかな流れになります。

Apple Payに関するその他の情報

すでに何人かの方が,中国で「Apple Pay」を使ってみたという内容のブログをアップしておられますので,あまり新鮮味のない内容でしたが,当ブログも参考程度にしていただければ幸いです。

iPhone SEで中国にてApple Payを使ってみた
メインで使っているiPhone 6s Plusも、サブで使っていたiPhone 5sも両方脱獄していたため、iOSバージョンはiOS 9.0.2止まりだったので、Apple Pay(アップルペイ)が使えなかった(Apple Payの使用にはiOS 9.2以上が必要)。しかし今回iPhone SEはiOS 9.3がプリイ...
中国でApplePayを使ってきた -
Apple Payが中国で始まった。アメリカ、イギリスの銀行口座開設は旅行者には難しいし、カナダとオーストラリアはAMEXだけのサポート。一方、中国ではパスポートと携帯番号さえあれば誰もが口座を開設できるので、旅行者でもApple Payが気軽に使えるようになる。 SIMカードに関しては、空港でも街中でも店は山のように...

次に機会があれば,実際に使用したところをレポートしてみたいと思います。

コメント