上海で利用できるライドシェアサイクルまとめ

sharebike

上海、もとい中国で急速に拡大しているライドシェアサイクル(乗り捨て型のレンタルサイクル)サービスですが、Twitter経由で見かけたのが以下のニュース。

  • 上海の自転車シェア、上半期に50万台規模へ
    • 自転車シェアリング(自転車レンタル)サービスで上海市内に投入されている自転車の台数が28万台を超えていることが分かった。今年上半期(1~6月)には50万台を突破し、市場が飽和するとの見方もある。1日付解放日報などが伝えた。

そこで、これまで個人的に利用している、もしくは見かけたことのあるサービスをまとめておきます。

「摩拜单车(mobike)」

IMG_5363

  • 上海で一番よく見かけるのがこれ。自転車に付いているQRコードを専用アプリでスキャンすると、自動で鍵が解除されるハイテク仕様
  • 最初に支払う押金(保証金):299元
  • 自転車のタイプには幾つかあって、シャフトドライブの最初からあるタイプが1元/30分、チェーンタイプの「mobike light」が0.5元/30分
  • 「mobike light」にはカゴが付いており、チェーン駆動なので漕ぐ力も軽くて済むので利用するのはもっぱらこちら
シェア自転車mobike(摩拜单车)に乗ってみた
最近上海のあちらこちらで見かけるようになったこの形の自転車。 「摩拜单车(mobile)」って言います。前から気にはなっていたのですが、や...

とまあ幾つかご紹介してきた訳ですが、外国人が利用しやすいのは、台数から言ってもやはり最初の方に挙げた3つになるでしょうか?

最初に引用した記事では、「上海では…10余りのブランド」がサービスを展開中とのことだったので、まだ知らないシェアライドサービスがあるんですね。いつか見つけられるといいのですが。。。

iPhoneに入れたアプリたち

IMG_5871

以上、上海で個人的に見かけたことのあるライドシェアサイクルのまとめでした。

参照記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. JB。 より:

    こんにちわ
    「享骑出行」はパスポートでも登録できますよ。
    私はモバイクとこれを駆使してうろちょろしてます。
    「享骑出行」は指定場所にしか駐輪出来ないので、週末無料なモバイクでそこから目的地まで移動します。

    • wonda4 より:

      JBさん、コメントありがとうございます!
      「享骑出行」外国人でもOKなんですねー
      モバイクと組み合わせて利用されているとは、なかなかの強者(笑)
      最近、週末ごとにモバイクもofoも無料になってますが、やはり競争が激しいんでしょうね。
      利用者としては助かりますが(無料の時は、ちょっとでも乗り心地悪いとすぐ別の自転車に乗り換えてます笑)、いずれ業界再編が始まるのかもしれませんね。
      貴重な情報ありがとうございました!