MacBook 12インチに「バッテリーの交換修理」アラートが出た

Mac
スポンサーリンク

年末の慌ただしい時期に、メインで使用しているMacBook 12-inch Early 2016に「バッテリーの交換修理」を促すメッセージが出てしまいました。

2016年夏頃から使い始めて3年と数ヶ月、バッテリーの交換時期ってこんなに早いもんでしたっけ?

何かの間違えかと、SMC(システム管理コントローラ)をリセットしたり、ハードウェアテスト(Apple Diagnostics)を試してみたりしましたが、結局アラートが消えることはありませんでした。

Mac の SMC をリセットする方法
システム管理コントローラ (SMC) をリセットすると、電源、バッテリー、ファン、その他の機能に関わる一部の問題を解決できます。
Mac での Apple Diagnostics の使い方
Apple Diagnostics は Mac のハードウェアに問題がないかテストし、解決策を提案してくれます。

もう少し様子を見たいと思いますが、この12インチMacBookとても気に入っているので(ディスコンにはなりましたが)、次回帰国時にでもAppleでバッテリ交換してもらおうと思います。

でもその前に、ストレージの空き容量がヤバいことになっている…

Macも年末の大掃除、一度クリーンインストールしないとな(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました